テーマ:お花

中秋の名月に合わせて、月下美人開花

中秋の名月に合わせて、(といっても台風で見えなかったけど、) 母が丹精込めて育てた(?)月下美人が花を咲かせました。 前回の開花から5年振り、2度目の開花。 葉を分けてもらってから咲くまでなんと20年!も掛かったそうです。 でも、ネットによると、上手に育てると年2回咲くみたいです。 中秋の名月に合わせて咲くなんて、自然…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北杜市明野のひまあり

カフェのお料理を撮るために着けてた単焦点レンズのまま撮影したら、 まるでダメだった。 やっぱり風景撮るには単焦点は向かないのかな。 もちろん理由はそれだけではないけど。 定番の構図とか勉強しておくべきだった。 ものすごーく暑かったので、写真はそこそこに早々に退散。 もちろん、ひまわりソフトは食べてきた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年 入笠山のスズラン

梅雨の晴れ間ならぬ、くもりの日に入笠山のスズランを見に行ってきました。 スズランは5mm位の想像以上に小さなちいさなお花。 葉っぱの下に控えめに小さな花を咲かせる姿をどう感じるかは人それぞれ。 しょぼいと感じてしまった同行者はかなりがっかりしてました。 おまけに展望が自慢のこの山も、この日は雲に覆われてお隣の八ヶ岳も見え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒百合の花が咲いたよ☆

母に託した後、所在不明になっていた黒百合の花が咲きました。 昨年秋、アルペンルートの起点となる信濃大町の駅で買ったものです。 園芸用に品種改良されており、 誰でも比較的簡単に花を咲かせられるという触れ込みでしたが、 残念ながら所在不明となっていました。 が、この度可憐な花を咲かせてくれたことにより、無事発見されました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱根駒ヶ岳~神山のお花:ミラーレス一眼とコンデジの画像を比較してみました

先日掲載したミラーレス一眼LUMIX GF3の画像と、 コンパクトデジカメ FinePixの画像を比較してみたいと思います。 全く同じエイザンスミレを撮影。露出やWBは違ったかもしれません。 どちらがLUMIX GF3で、どちらがFinePixか分かりますか? 違いは明らかなので、分か…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

アスファルトに咲くヒメスミレ

毎年4月中旬になると、我が家の側溝脇に咲くヒメスミレ。 今年も可憐に咲いてくれました。 それと知らなければ、気付かない、 直径1.5㎝位の小さなちいさなすみれです。 実際は、もう少し赤みが強い紫です。 花が終わると、いや、場合によっては終わらなくとも、 容赦ない母に地上部を刈られてしまうのですが、 めげずに毎年健気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウメバチソウを見に、成東へ

10月中旬の週末に、千葉のミニ尾瀬「成東・東金食虫植物群落」に行ってきました。 今回で、多分5回目、立派なリピーターです。 今回のお目当ては、咲き出したというヤマラッキョウとウメバチソウです。 群落全景 かなり日が傾いているのが、バレバレです。 今日見られるお花 山辣韮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒百合の球根

数年前、黒部ダムの売店で、売り切れで買えなかった黒百合の球根。 この夏、扇沢の売店で買うことができました。 購入後なるべく早く土に埋めてあげると、 関東地方では、3月に発芽、4月に開花する予定。 この黒百合の球根は、高山植物の野生種を園芸用に改良したもので、 お水さえ絶やさないようにすれば、 誰でも比較的簡単…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

御岳山のレンゲショウマ

下界は晴れ予報のある休日、奥多摩の御岳山へ、レンゲショウマに会いに行ってきました。 下界は晴れでも、標高差400mを一気に稼いで到着した御岳山駅は、霧の世界。 ケーブルカーを降りて、左に行くと御岳神社、 右に行くと、レンゲショウマの自生地です。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

群落は、もう秋

毎度お馴染みの成東・東金食虫植物群落に行ってきました。 ふうたは「しょぼい(←ごめんなさい)群落なのに好きだよね。」と言いますが、 しょぼい(←重ねてごめんなさい)群落に珍しいお花が咲いているのが、宝探しみたいで楽しいのです。 分からないかなぁ?この感覚。 でもちょっと遠いから行くのが大変なの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雨のお花畑

この後、デジカメがゴアのカッパのポケットに貯まった水に没して故障。 一晩寝かせたら、うんともすんとも言わなくなりますた まだ山は2回目なのに・・・。泣…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ふうたの憂鬱

無事、鹿島槍に登頂した後の出来事です。 柏原新道を軽快に下っていたふうたが突然振り向いて言いました。 ふ「鹿島槍と冷池山荘の間の池の所に咲いていた衣笠草の写真撮った~?」 「撮ったよ~。だって、行きに見つけたとき、遅くなるから帰りに撮ろうねって言ってたじゃーん。」 ふ「わ゛~す゛~れ゛…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コオニユリを見に「成東・東金食虫植物群落」へ

またまたまた、お気に入りの「成東・東金食虫植物群落」へ行ってきました。 今回のお目当ては、咲き始めたというコオニユリです。 そして、もう一つ。 買い換えたばかりのデジカメのマクロ撮影の要領が掴めないので、練習をしたかった。 定点観測。盛夏の群落全景。 コオニユリがちらほらと咲いています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花の百名山「苗場山」のお花

花の百名山「苗場山」で出会ったお花をご紹介します。 葉っぱを鏡に見立てて、イワカガミ(岩鏡) この日一日で一生分のイワカガミを見ました。 ベニサラサドウダン(紅更紗満天星) お花の筋が更紗模様に似ていることから。 チ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シロガネソウin道志の山

5月下旬、道志山塊の富士見の山で初めて出会ったのは、この娘さん。 白い花弁が美しいからシロガネソウ(白銀草)。 ヤマケイの図鑑では、シロガネソウ(別名・ツルシロガネソウ)よりもハコネシロガネソウそのものに見えるのだけれど、ネットで調べると、どうやらシロガネソウらしい? でも、図鑑の写真では、シロガネソウの花弁はもっと細…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

トキソウを見に~成東・東金食虫植物群落へ、再び

5月初旬、5月の薫風に誘われて、成東・東金食虫植物群落へトキソウを見に行ってきました。 4月のハルリンドウに続き、二度目の訪問です。 群落の様子。 前回よりも、明らかに緑が増えています。 季節も進み、お花も増えてきたので、前回よりも多くの人が訪れていました。 東京方面のナンバーの車もあったりして…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

GWの山と、ヒナスミレ

GWは、富士見の山3連敗。 4座目でやっと、どうにか、うっすらと不二山を拝むことができました。 視界が真っ白なのは、霧と春霞のせいだとばかり思っていましたが、 どうやら黄砂も飛んでいたようです。 道理で、くしゃみと鼻水が止まらなかった訳です。 てっきり花粉症がぶり返したのだとばかり思っていました。 山について…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊谷草を見に

数年前から一度は見てみたいと思っていた熊谷草。 何ヶ所か見られる場所は調べて知っているけれど、どこも県外でちょっと遠い。 県内にも自生地はあるようだけれど、個人の所有地で、市町村名までしか明かされていない。 丁度お花の時期だし、どこか近くで見られないかな~と検索していたら、比較的近くに見つけました!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハルリンドウを見に~成東・東金食虫植物群落へ

千葉県九十九里平野の「成東・東金食虫植物群落」に行ってきました。 毎年この時期は、秩父や山梨の低山にすみれを見に行くのですが、余震続きであまり遠出をする気分にもなれず、でも新緑の前にどうしても春のお花に会いたくて、以前から気になっていたこの群落に行ってみることにしました。 パンフレットから引用して、簡単な説明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小鹿野町堂上の節分草

先週に引き続き、小鹿野町堂上の節分草自生地に行ってきました。 例年に比べ、今年の開花は遅いです。 先週も寒い日が続いたこともあり、6日の日曜日の時点で開花は1~2割でした。 先週より蕾の数は増えてきたように思いますが、全体的にはあまり変わらない印象です。 月曜日もおそらく雪が降ったと思われるので、既に咲いていたお花は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スプリング・エフェメラルin秩父

スプリング・エフェメラルに会いに、秩父に行ってきました。 まずは、小鹿野町堂上の節分草自生地へ。 開園はしていますが、 まだほとんど咲いていないため、無料開放中(2011/2/26現在)。 探せば少しは咲いていますという程度。 節分草は、紫のおしべの葯が弾ける前が 初々しくて撮影には最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more